大衆演劇 TAISYU ENGEKI

5月公演の劇団

座KANSAI(ざかんさい)
金沢つよし・金沢じゅん
金沢つよし座長が座 KANSAIを旗揚げしたのは平成3(1991)年、24歳の時です。 珍しい劇団名には、「関西の心意気を忘れないように」という思いが込められています。

座 KANSAIの魅力は、誠実・真面目そのものといった金沢つよし座長の 風情あふれる舞台です。座長の人柄をうかがわせる、適度な緊張感がある中にも温かくて優しい雰囲気が、人気となっています。 さらに、明るく家族のような劇団のカラーをじゅん座長が引き継ぎ、もり立てておられます。

舞踊ショーが主流になりつつある現代大衆演劇界にあっても、芝居に重点を置き、定番外題を座 KANSAI流に大胆アレンジしてしまう演出力は高い評価を得ています。

2012年(平成24年)には若座長に金沢じゅんさんが就任、2013年(平成25年)11月には座長を襲名したことにより、名実共に二枚看板となりました。

それぞれ「自分を持った」劇団員たち。それらを繋ぐ絆と信頼。それを基礎に成長を続ける座 KANSAIに、さらなる期待が集まっています。


宿泊観劇予約・一泊三食観劇付きプラン
5月 1日(水)~30日(木)
※5月 8日(水)・14日(火)・15日(水)は休館日

ご予約はこちら

予約 / 問い合わせ 9:00-21:00

0563-62-6666

〒444-0702 愛知県西尾市寺部町笠外186-2

TEL:0563-62-6666 FAX:0563-62-6661

チェックイン 15:00 /チェックアウト 10:00

TEL:0563-62-6666
Translate »