元旦~3日まで、三番叟が観られるョ

三番叟 さんばそう と 読みます。

お正月興行や祝いの席によく行われる舞。

元は能の「式三番」(翁)で、「千歳」(せんざい)、「翁」に次いで三番目に「黒式面の翁」が扇と神楽鈴を持って舞うことから「三番叟」と言われた。

これが 歌舞伎や人形浄瑠璃に取り入れられ、幕開けの祝儀として舞われるようになった。大衆演劇でもそれを踏襲していると思われる。また新年に舞うのは、その年の芝居の大入り祈願を込めた儀式的な意味合いもあるそうです。

 

お正月にしか観られないので、お見逃し無いように!!

ご予約はこちら

予約 / 問い合わせ 9:00-21:00

0563-62-6666

〒444-0702 愛知県西尾市寺部町笠外186-2

TEL:0563-62-6666 FAX:0563-62-6661

チェックイン 15:00 /チェックアウト 10:00

TEL:0563-62-6666
Translate »